赤ちゃんが便秘になるしくみ

真っ赤な顔で苦しそうにいきんでいるけど、なかなか出ない・・・

 

赤ちゃんの便秘で心配な毎日を過ごしているママにとって、切実な願いは赤ちゃんの便秘を解消するいい方法が見つかることだと思います。

 

オリゴ糖

赤ちゃんにぴったりの安心して試せる方法が、オリゴ糖を与えてみるということです。

 

便秘の多くは、腸が十分に働いていないことから生じます。

 

そして、腸の働きと深く関係するのが、腸内に多くすんでいるビフィズス菌などの細菌類です。

 

様々な要因でビフィズス菌が弱まったり、数が少なくなると腸の働きは鈍くなることが知られています。

 

腸はぜんどう運動という収縮運動をしてうんちを出口まで送り出すのですが、その運動を促進しているのがビフィズス菌などの乳酸菌が出す酸性物質なのです。

 

またビフィズス菌が弱まると腸内の水分量も減って、腸の内容物が流れにくくなるということも便秘の原因になります。

 

赤ちゃんの便秘にオリゴ糖がいいのは?

 

オリゴ糖は、ビフィズス菌の大好物です。

 

オリゴ糖を取り入れたビフィズス菌は活性化して、乳酸や酢酸、ギ酸といった酸を多く生成しますから、腸内環境は理想的になり、腸もよく働くようになります。

 

またビフィズス菌も増殖しやすくなり、いい循環が生まれ、免疫力が高まりますから、便秘が解消されるだけでなく病気への抵抗力も高まるというわけです。

 

薬ではありませんので、赤ちゃんでも安心して与えられるというのもメリットです。

 

いいことだらけのオリゴ糖ですが、問題点は赤ちゃんに向いたオリゴ糖食品が身近ではなかなか売られていないということです。

 

市販のシロップ状のオリゴ糖は、砂糖や食品添加物の割合が多く、赤ちゃんに毎日飲ませるものとしてはあまり適していません。

 

またオリゴ糖の含まれる割合が低いことと、使われているオリゴ糖の種類に問題があるので、便秘への効果という点では期待値が低くなります。

 

実はオリゴ糖には幾つもの種類があり、ビフィズス菌も数十種類が存在します。

 

このビフィズス菌の種類ごとにオリゴ糖との相性があると言われていますから、一番理想的なのはいろいろなオリゴ糖を摂取して、様々なビフィズス菌を元気にすることなのです。

 

まとめると、赤ちゃんが便秘のときに与えるオリゴ糖食品は、オリゴ糖の使われている割合が多いこと、つまり純度が高いことと、数種類のオリゴ糖が使われていること、つまりブレンドされていることが必要だということです。

 

赤ちゃんに最適のオリゴ糖はこちらへ